会社法務A2Z 定期購読・最新号・バックナンバー

会社法務A2Zの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

会社法務A2Z雑誌の詳細です。


会社法務A2Zの公式サイトへ
本・雑誌 会社法務A2Z
本・雑誌内容 企業経営者・実務担当者および専門有資格者に向けて、会社に関わる法律の改正動向や実務情報を、わかりやすくタイムリーに提供する情報誌。会社のヒト・カネ・情報に関わる関係法令についても、幅広くカバー。
本・雑誌内容詳細 ■□                             □■□
■□     『会社法務A2Z』2019年4月号 CONTENTS     □■
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

┏┓  経営法談 management & law
┗┛────────────────────────────◆・◆
  
   働き過ぎやめますか? 欧州のイタイ日常を受け入れますか?
    /雇用ジャーナリスト 海老原嗣生


┏┓  企業法務トレンドウォッチ
┗┛────────────────────────────◆・◆

法改正動向などをダイジェストでお届け
    /弁護士 髙木弘明・弁護士 田端公美・弁護士 乙部一輝

■ ┐+─────────────────────────────+
└■<特集>
    
    今、法務の在り方を考える!

  ────────────────────────────◆・◆  

 ・ 法務の在り方について─弁護士の立場から
法務部門の成果アップの方策とは
/青山学院大学法務研究科(法科大学院)教授・弁護士
浜辺陽一郎

 ・ 法務の在り方について─企業法務担当者の立場から
グローバル展開を進める日本企業の法務「的」機能は
いかにあるべきか /パナソニック株式会社 新井克彦

  ------------------------------------------------------------------
<Zoom Up!―特別解説―>
あらゆる日本企業が着目すべきサプライチェーンにおける
外国人労働者問題への対応 /弁護士 高橋大祐

<株主総会事前チェック>
2019年 株主総会の対策と留意点
    /三井住友信託銀行 弁護士 須磨美月

<実務詳説>
    インターンシップ受入れにあたっての法的留意点
/弁護士 竹花 元

<LEGAL FOCUS ─法令要点─>
消費者契約法改正の概要と実務上の留意点
/弁護士 大東泰雄 ・ 弁護士 大田愛子

 +・+・+─────────────────────────+・+・+
┏┓ 連載
┗┛────────────────────────────◆・◆

 ■ 知らなかったでは済まされない!!
諸外国のカルテル規制
(14)スペイン
 /弁護士 鈴木道夫 ・ 弁護士 山口涼
  
 □ 山本孝夫の英文契約入門ゼミナール
(15)Cから始まる契約用語⑤
 /明治大学法学部元専任教授 山本孝夫 

  
 ■ 中国ビジネス 現場で役立つ 実務Q&A
(82)中国現地法人の資金調達方法
 /公認内部監査人 奥北秀嗣
  
 □ 会社労務 ありがち事件簿・霊界編
   ~もし「あの世」にも労働法があったら~
(33) 残業代
    /法律・裁判ライター 長嶺超輝

  
 ■ 鐵丸先生の 生兵法務は大怪我のもと!
   (121)「アクティビストが襲来した!(4)
        ~いよいよ株主総会が始まるぞ!~」
  /弁護士・ニューヨーク州弁護士 畑中鐵丸


 □ 「司法の小窓」から見た法と社会
  (138) 法科大学院の風景
/中央大学大学院法務研究科教授・弁護士 加藤新太郎


┏┓ 会社法務ディレクトリ
┗┛────────────────────────────◆・◆
 ■ 今月のHOTワード・【国際カルテル】■
■ こんぷら猫の処方箋・【買いたたき】■  
 ■ 良品10選 今月のおすすめ商品新商品紹介 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロダクトNo 1281682157
出版社 第一法規
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌の定期購読、バックナンバーの検索サイトの使い心地はいかがでしょうか。定期購読にすると買い忘れがありません。届けてくれるのはありがたいことです。美容室、飲食店や待合室のある薬局、病院などの注文が多いです。経費の処理も年間で一括でできるのが楽なところ。毎月レシートを添付する必要がありません。 このさいとはfujisan.co.jpへのリンクがはられています。この会社は経営も長く安心できる会社かと思います。
※/~\Fujisan.co.jp(フジサン)から画像、雑誌内用は引用しております。さらにこのサイトの内容の転載などはご遠慮ください。